すぐき

真似る事が出来ないお漬物「すぐき」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産の上賀茂神社で有名な、
田園風景が残る京都市郊外、 
上賀茂の農家で代々作り続けられてきた
京都のお漬物「すぐき」

 

創業300年の老舗漬物店
「なり田」のすぐきは
地元の人が購入する超有名店

 

本物のすぐきを購入するには、
すぐき専門店「なり田」か、
地元上賀茂の農家で購入するしかありません

 

観光地の土産物店では
上賀茂の「本物のすぐき」は買えません

 

もし「すぐき」が売られていたとしても、
似て非なるものです

 

上賀茂地区以外では作ることが出来ないように、
作り方は門外不出とされてきました
作るのが非常に難しく、手間がかかるので、
真似る事が出来ないのです

 

    京都上賀茂名産 すぐき漬け


 

「すぐき漬け」とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐきは、漬物のひとつ。カブの変種である
酸茎菜(すぐきな、すぐきかぶらともいう)
を原材料とする、現代の日本では
数の少ない乳酸発酵漬物である

 

京都の伝統的な漬物(京漬物)のひとつ
であり、「柴漬」、「千枚漬」と並んで
京都の三大漬物と言われている

 

全国的に知名度では「柴漬」「千枚漬」
の方が有名ではあるが、大量生産出来ないこと、
上賀茂以外で作ることが許されなかったこと

 

基本は冬のお漬物で、お正月用やお歳暮用で
地元の人たちだけで消費されること、
上賀茂が観光客が少ない地区等の理由である

 

個人的な感想だが、乳酸発酵漬物なので
酸味があるのだが、この酸味が癖になる 
美味しい「すぐき」は悪魔の食べ物である
ブルーチーズやアンチョビがそうであるように
癖になり、猛烈に無性に食べたくなる。
主役になれるお漬物なのである

 

京都上賀茂名産 すぐき漬け


 

すぐきに含まれる乳酸菌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳酸発酵、無添加のヘルシー食品

 

すぐき"には豊富な乳酸菌が含まれ
ラブレ菌と呼ばれている
乳酸菌は腸の働きを助けるだけでなく、
ガンに効果があるといわれる
インターフェロンとの関係も注目されており
近年ますます評価されている

 

また、"すぐき"は伝統の技と塩だけで作る
正真正銘の自然食品
添加物は一切使わず、各農家に伝わる
秘伝の味を頑固に守り続けているのです

 

京都上賀茂名産 すぐき漬け